みろくは「感動」を伝える表現者・技術者・クリエイターのマルチプロ集団です

有限会社みろくお問い合わせはこちら

会社理念お問合せ会社概要会社情報0582335551

有限会社みろく

   

ホームホーム司会・タレント司会・タレントセミナー・講師セミナー・講師イベント・音響イベント・音響映像・写真映像・写真WEB・ホームページWEB・ホームページ海外プロジェクト

地域活性化プロデュース

みろくは「信長公450プロジェクト」を応援しています

信長曼荼羅

信長曼荼羅

マンダラとは
色彩があざやかな絵図のこと
語基のmandaは 「心髄」 「本質」
接尾語のlaは「得る」「有する」
マンダラは、【本質を得る】という意味をもちます。

アートの世界では、
円・渦・方形などのシンボルを
豊かな色彩とともに表現されたものを
マンダラと呼んでいます。

信長曼荼羅は
ホテルパーク×岐阜バスのコラボで誕生しました。
岐阜バスの信長公のラッピングバス市内ループ線とリンクし
バス亭ごとに、信長ゆかりの地を紹介。
濃姫のお墓や、
「隠れた歴史エピソード」を掘り起こし
岐阜と名付け、人々の暮らし、命を守るため、
岐阜城金華山の鬼門に四寺を移築し
「鬼門封じの四仏」に守護させた信長公の想いを
アートで表現したものです。

信長公の想いをのせて走る「信長バス」で
信長公ゆかりの地をめぐり、
今までガイドブックにのっていない岐阜の旅を
楽しんでいただけることを願っておつくりしました。

地域活性化プロデューサー 語り部しずく              

岐阜バスの信長ラッピングバスのイラストを活用し、バス停と信長公ゆかりの地を結ぶ信長曼荼羅を制作

(岐阜新聞 2017年6月2日 朝刊)

(中日新聞 2017年6月2日 朝刊)

信長公 人生五十年パネル

時をこえて伝えたい
     若き日の信長公

現代の金華山、長良川に
450年前の
鷹を従え天下統一の決意みなぎる
若き日の信長公がダイナミックに描かれ、
濃姫(帰蝶)が花を添えています。

岐阜長良河畔の宿「ホテルパーク」様のロビーに
制作納品させていただきました。
ホテルパーク様×岐阜バス様のコラボレーションで
誕生した作品です。
中日新聞・岐阜新聞でも取り上げられました。

制作プロデュース 語り部しずく
デザイン RISA
写真協力 写真家 福田 光祐
イラスト協力 岐阜バス

              


尾張のおおうつけと呼ばれた時代から、美濃攻略、岐阜と名付けてからの9年間、
そして本能寺の変までの足跡を記し、武人・茶人・経済人、まちづくり人、新しいモノ好きといった様々な顔をもつ信長公を描きました。
信長公といえば、映画・ドラマなどで天下統一のため第六天魔王とよばれ
気性激しく描かれていますが、民を想い、天下泰平の世を願って
岐阜と名付けた信長公の想いや歴史のエピソードをたくさんのひとに伝えるパネルです。

我こそは信長! 顔出しパネル

岐阜は出世の地!
   信長公になろう!

岐阜を訪れたひとに
「写真の思い出」を作っていただこうと
ホテルパーク様のロビーに設置させていただきました。

インスタグラム・ツイッター・ブログ・フェイスブックなど
岐阜を訪れた皆様の笑顔が
SNSで発信され岐阜の素晴らしさを
広めていただくおもてなしパネルです。

2017年6月23日 信長公の西暦生誕日に初公開
中日新聞・岐阜新聞に掲載されました。

(中日新聞 2017年6月24日 朝刊)